RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 農薬批判論者の問題点 8 | main | 農薬批判論者の問題点 10 >>
農薬批判論者の問題点 9
 林檎や葡萄の表面が粉を吹いたように見える、あの粉の本体は細かい鑞の粒で、非常に溶けやすい性質がある。それ故、乳剤を散布すると、表面の鑞の粒が乳剤のなかに含まれている溶剤に溶けて洗い流されて表面が光る。外国の林檎や葡萄の光沢が強いのはその為である。水和剤は溶剤を含まないので表面の鑞の粒を溶かさない。これが日本の落葉果樹農家が水和剤しか便わない理由である。
 これで、水和剤多用の圧力団体は日本の主婦であり、黒幕はテレビらしいことが明らかになったと思う。次に、本論の慢性中毒の原因について考えてみる。
| 農薬批判論者の問題点 | 16:22 | comments(0) | - | pookmark |