RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< まえがき 21 | main | まえがき 最終章 >>
まえがき 22
 この解説によって、日本の農薬をめぐる教育は国際感覚的に如何に言語同断な状態に放置されているか具体的に理解されると思う。同時に、合成農薬は人類の未来を切り開く強力な武器として必須であることが理解されると思う。
 本書は読者の知識水準を、マスコミ記者や学校教育関係者において、考える方向のヒントを提供する方針に重きをおいて、紛らわしさを省くために大雑把な記述にした。古い記億の書き下ろしであるので、年代や数字の記憶が曖昧になり、その点に、誤りもあると考えるが、論旨に関係がない誤りはお許し願いたい。現状を放置すれば、日本は世界の非常識として、世界から排斥されることになりかねないという老爺心から、敢えて、禿筆をとったのである。
| まえがき | 07:48 | comments(0) | - | pookmark |