RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< まえがき 1 | main | まえがき 3 >>
まえがき 2
 それまでの私は医薬部門の一員であったが、日本の農薬の歴史的転換がはじまったときには、何故か、その現場にいた。昭和二十七年五月の連休明けに、新入社員として医薬の工場に配属されたのであるが、その翌日に、パラチオンの技術導入のために渡米した社員の帰朝報告会があり、報告の速記をとったのが社員としての初仕事だった。昭和三十四年に大仮技術部に転勤した時の初仕事は、研究部で発見されたスミチオンの特許出願国を決めるための調査をすることだった。
| まえがき | 08:00 | comments(0) | - | pookmark |