RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< まえがき0 | main | まえがき 2 >>
まえがき 1
 会社を定年退職して大都市のサラリーマン生活から雪国の生活に戻って、過ぎ去った目々を振り返ってみると、私の人生は昭和四十年から五十年にかけての十年間に凝緒していたように思う。
 住友化学の社員として十年目の春を迎えた昭和三十七年四月に、私は、本社の技術部に転勤になり、国産第一号の大型殺虫剤として注目されていたスミチオンを、世界に輸出するための技術資料を整備する仕事を担当することになった。
| まえがき | 10:44 | comments(0) | - | pookmark |