RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 中国見聞記−2(医食同源)32 | main | 中国見聞記−2(医食同源)34 >>
中国見聞記−2(医食同源)33
「医食同源」の説明のために、中国家庭料理を礼賛する内容になったが、日本人に中国家庭料理の模倣を薦める気持ちは毛頭ないことを最後に付け加える。
 いうまでもなく、日本には日本の家庭料理の歴史がある。日本料理は温暖な気候の半農半漁の島国で発達淘汰されて、日本人に最もふさわしい先人の知恵が蓄積されていると信ずる。「生卵を食べるのは蛇と日本人だけ」「するめを焼く匂いは死体を焼く匂い」「海の雑草から作った黒い紙(海苔のこと)を食べる」という欧米人の発言を聞くと、かえって、先人の知恵を感ずるのである。
| 中国見聞記−2(医食同源) | 07:13 | comments(0) | - | pookmark |