RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 中国見聞記−2(医食同源)27 | main | 中国見聞記−2(医食同源)29 >>
中国見聞記−2(医食同源)28
 また、食事を手抜きして栄養失調や病気を栄養剤や医薬品で予防するという生活は、晩年に本人がツケを払うことになる。医薬は、合成医薬、漠方薬を問わず、治療を目的に研究開発されているので、短期決戦型であるので何年も運用すれば必ず副作用が出る。漢方薬も例外ではない。江戸時代にも薬の飲みすぎがあったらしく濫用を戒めた訓戒がよくでてくる。赤ん坊の知恵熱やおできにあわてて薬を飲ませる母親がいたらしい。
| 中国見聞記−2(医食同源) | 07:43 | comments(0) | - | pookmark |