RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 自然に学ぶ 最終章 | main | 硬骨のマスコミ人 2 >>
硬骨のマスコミ人 1
「千人指させば病なくして死す」この言葉は、昭和五十年頃に熾烈を極めた、朝日新聞、NHKを中心とするマスコミの農薬批判キャンペーンによって起こった主婦連を中心とする過激な攻撃の嵐のなかで、当時の福田農林省植物防疫課長が口にしていた無念の言葉である。
 筆者は、その頃住友化学農薬事業部主席研究員として、研究関係の統括責任者の仕事を担当していたので、あまりにも農薬の研究現場の現実を無視し、研究者の良心を蹂躙する偏向報道に対して、誤りを指摘して反撃すべきと考えたのであるが、本社サイドから止められた。
 雑音に振り回されて得るものはない、マスコミ対策は本社に任せて、本来の職務に専念せよ、直接取材があれば自由に応対せよ、という指示であった。
| 硬骨のマスコミ人  | 09:13 | - | - | pookmark |