RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 農薬の功績(食糧問題の解決) 9 | main | 日本の家庭教育 東大生、京大生の育て方 1 >>
農薬の功績(食糧問題の解決)最終章 世界の食糧危機を救った農薬
 またメキシコでもロックフュラー財団が組織した研究所で、収量が飛耀的に増える小麦と、とうもろこしの新品種が発見された。

 国連はこの新品種の早期実用化に賭けた。問題点は近代的な化学肥料や農薬使用による稲の栽培管理が、文盲が多いアジアの諸国で出来るか、ということであったが、挙国一丸となって果敢に挑戦した。私はこの頃に、パキスタンを初めとして、各国の若い技術者に農薬製剤技術の指導をしていたのであるが、彼らの姿に、戦後間もない頃の日本の農業技術者を思い浮かぺていた。

 一九六五年から六九年にかけての、アジアにおける米と小麦の新品種の作付け面積は、二百エーカーから三千六百万エ−カーに増加した。この五年間の進歩は目覚ましいものがある。生産増加の最も際だった国は、パキスタンであった。フィリピンは輸入国から輸出国に変身した。インドは増加する人口を自分で養うみこみが付いたと言われる。セイロンも三○パーセントの増産になった。新品種と肥料と農薬の組み含わせによって、小麦の生産牲が十倍になったという報告もある。

 一九七○年代にはいると、緑の革命はさらに広がって中国も参加した。日中国交回復以前であったが、私も中国に呼ばれて農薬製剤学の講義を一週間したことがある。
 長くなったのでこのあたりで終わる事にするが、農薬の功績を改めて述べる必要はないとおもう。日本と世界の食糧危機を救った事実に勝る説明は無いからである。
| 農薬の功績(食糧問題の解決) | 03:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://muramoto.adachikioku.com/trackback/1389783