RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 農薬の功績(食糧問題の解決) 5 | main | 農薬の功績(食糧問題の解決)  7 >>
農薬の功績(食糧問題の解決) 6
 フェニル酢酸水銀は、一姫二太郎サンシーゼリーのコマーシャルで有名だった避妊薬の主薬成分と同じ化合物で、安全牲は確認されていたが、二年後に、日本人の髪の毛の水銀量が外国人より多いことが、農林省の研究によって指摘された。また丁度その頃に、水俣病の原因がメチル水銀中毒であることが判明して、水銀のイメージが変わり、国民に不安がひろまった。そこで、食品に不安感を与えるものは使用すべきでないとの方針で、非水銀系稲熱病殺菌剤の研究が産官協同で展開されて、昭和四十三年頃に全面的に切り替えられて、非水銀牲殺菌剤に移行した。

 うんか類防除には、昭和二十九年から全国的に使用開始された有機燐系殺虫剤のパラチオンが有効使用されたが、翌年には、安全な専用剤として有機燐殺虫剤のマラソンが登場して、「うんか」防除の問題は完全に解決した。マラソンの安全性に特段の問題はないが、同系の薬剤を長年使用すると殺虫剤に対して抵抗性が生ずるので、カーバメイト系殺虫剤が続いて開発された。

 二化めい虫は先に述べたパラチオンが有効であることから、昭和二十九年に国内生産されて、この害虫による深刻な被害問題は完全解決した。しかし、パラチオンは人畜に対しても猛毒であったので、低毒化の研究が開始されて、昭和三十四年にスミチオンが発明されて、昭和三十八年頃から本格的に便用されはじめた。
 昭和四十四年に戦後の米増産に画期的に貢献したパフチオンの生産が中止された。このあとを追うように、第一期の荒武者的農薬は全てその便命を終わり、日本から永久に消え去った。
| 農薬の功績(食糧問題の解決) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://muramoto.adachikioku.com/trackback/1389779