RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< スクリーニング研究雑感 27 | main | スクリーニング研究雑感 29 >>
スクリーニング研究雑感 28
「おさき真っ暗」な創造的研究の過程で研究著に頼りになるものは、先人が創造的研究の局面で何を考え、何をヒントに実験仮説を立て、どんな方法論で道を切り開いたか、という歴史的人間的知識であり、商品学的知識は何の役にも立たない。
 この立場で日本の学校教育を見ると、創造的研究における研究者の実験仮説や方法論の解説がなくて、単なる、物知りを養成する教育が行なわれているに過ざないことが明らかである。
| スクリーニング研究雑感 | 09:04 | comments(0) | - | pookmark |