RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< 抵抗性と農薬の宿命 最終章 | main | 非常識、農薬反対運動の波紋 2 >>
非常識、農薬反対運動の波紋 1
 イギリスにロザムステッド農事試験場という研究所がある。二十年ほど前のことであるが、マイケル・エリオット博士という天才的研究者が、ビレスロイド系殺虫剤の開発研究で彗星のように世界のトップに躍り出て、世界のメーカーを従属させた。我々の研究所も必死になって追撃して数年間追いつ追われつの競争をした時期がある。その頃に研究所を訪問した同僚の話が印象的であったので紹介する。
 この研究所の近くに広大な農場があり、三つの区画に仕切られていろいろな作物が栽培されている。一つの区画は堆肥のみ、一つの区画は化学合成肥料のみ、あとの一つは堆肥と化学合成肥料半々と決めて作物を栽培し、既に百年以上を経過している。
| 非常識、農薬反対運動の波紋 | 06:39 | comments(0) | - | pookmark |