RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

<< ジャリルとカーン 5 | main | ジャリルとカーン 7 >>
ジャリルとカーン 6
 三時から終業時までのフリータイムは、手の空いている研究員と自由に話をしてもよいことにして、研究員に紹介した。ミックス語で、お互いに話が通じるようだった。
 その日の終業後、梅田まで同行して夕食に誘った。帰路を教える目的もあったが、その外に荒療治を考えていたのである。講義中の雑談で既婚者であることがわかったので、梅田で軽い夕食後、梅田ミュージックホールへ連れて行った。東京銀座の日劇ミュージックホールと、同じ趣向のヌードダンスをやっていた。一寸、薬が強すぎたかなと心配になり、横ばかり見ていたが、ジャリルは熱いため息をついて舞台を直視していた。イランにはベリーダンスがあるが、東パキスタンはどうだろうか。
| ジャリルとカーン | 07:57 | comments(0) | - | pookmark |