RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ある伝説的隠居研究者の回想ブログ

昭和一桁世代 最終章
 その後、関連会社に出向したが、もうしたいことはした、食って行けるのなら余生はマイペースと考えて全部辞職して故郷に帰った。
 まだ元気が残っているので、譲り合いになっていた公民館長やら自治会長やらを引き受けて、若い人達と語り合い、余暇は読書と旅行と囲碁三味で好き勝手なことをしている。 
 この様な私自身の人生を直視してみると、十二歳の時に受けた不安の解消が最も強く働いていることを感じる。そして、戦後のあまりにもひどい世の変わり方を見たことや、友を失った暗い過去が、世間の流行に興味を持たず、ひたすら、日本の不安の解消を迫い続ける中年期になり、晩年にマイペースの生活を求める人間にしたのだろう。
| 昭和一桁世代 | 07:59 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 8
 大学も同じ様なものであった。二十六人の同期生に三人の自殺者がいる。何もいわずに死んだ友を持つ特異な過去を持つ世代が昭和一桁世代である。
 昭和一十七年に朝鮮戦争後の不況の中で化学工業会社に就職した。日米講和案約締結の翌年に当たりアメリカからの技術導入ラッシュであった。PBレポートや最新の横文字の技術資料を手にして初めて興奮を感じた。追いつけ追い越せと頑張りだした。女性は眼中に無かった。目標は欧米先進国に対する汚名挽回だった。ここで、初めて生き甲斐を実感した。
 昭和四十年代は日本の新製品を外国に売る先兵になる機会に恵まれて更に張り切ることになった。イギリス人の知人からガンマンに狙われると言われたが、穀さば殺せと開発途上園の何処でも行った。
| 昭和一桁世代 | 08:02 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 7
 昭和十九年頃から戦況が傾いて全員玉砕のニュースが増えて痛ましいと思ったが、悔しいという気は起こらなかった。やっばり無理なんだなという気持ちがあった。工業力で劣勢であることは中学生でも知っていた。昭和二十年の終戦はほっとした気持ちで迎えた人が多かったと考える。本当に軍国主義的思想に固まっておれば、日本はボスニヤヘルツェゴビナのようになったと考える。
 昭和二十一年に旧制高等学校に入学した。世の中の価値観が百八十度転倒した。あまりにも鮮やかな世間の変身は流石に面食らった。古本屋で哲学書を買って読み漁り個人的に精神的支柱を求めた。この頃に優秀な学生が原因不明の自殺をする事件が頻発した。私も学校の同じ組で一名、寮で同室の親友一名を失った。心にブラックホールのような重い暗い得体のしれぬ傷が残った。
| 昭和一桁世代 | 08:44 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 6
 十八年から若返った配属将校が派遣されてくるようになり、これと共に、軍国主義的思想が流れ込んできたが、右翼一辺倒の話は中学生でも単細胞的に聞こえて説得力がなく、強権的命令を受け入れているだけで、他の先生達も何処か醒めた感じだった。 戦争の大義名分は人種差別による国際的不公平からの開放であった。東南アジアに植民地を手に入れるというような思想はなかった。
 天皇をいただく配属将校は日本を愛して純粋であり、市民社会の秩序や価値観を混乱さサるようなことはしなかった。だから、当時の若者は命を惜しまなかった。戦後の民主主義をいただく社会運動はどうだろうか。ねたみの組織化のようなものを感ずるがどうだろうか。
| 昭和一桁世代 | 09:12 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 5
 半年前まで、日本は人口が多すぎるが、どの国も人種差別をして日本人移民を受け入れてくれなくなった。
 アジアの国と共存共栄を計らなければどうにもならない。資源が劣るので技術で生きる道を開かなければならないと、学校で教えられていたので、アメリカやイギリスと戦争が始まったことは意外であり大変なことになった。
 それでも、戦わなければ永久にいじめられっ子の境遇から抜け出ることは出来ない。暴れるだけ暴れて後は野となれ山となれ、という気持ちもあった。
 父がその年に応召したので、不安は深刻だった。
 昭和十七年の中学校に入った時は老練な配属将校で、教練の授業は体操の一種のような印象だった。
| 昭和一桁世代 | 07:43 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 4
 私は昭和四年生まれなので、昭和十六年の第二次世界大戦が始まった年が十二歳であった。
 同年代の評論家としては竹村健一氏や渡部昇一氏などがいるが評論に共感することが多い。
 私なりにいろんな人気評論家を思い出して好感度順に並べてみると昭和一桁が多い。
 この事実を見ると、昭和一桁は何か共通する問題の回答を一生にわたって追求してきたという気がする。
 昭和十六年のアメリカ、イギリスに対する宣戦布告は、当時小学六年生だった私には大きな衝撃と不吉な予感を与えるものだった。
| 昭和一桁世代 | 18:32 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 3
 戦争と平和の変わり目に多感な青春を過ごし、戦後派と戦前派の間に挟まれてサンドイッチの中身か、両面接着テープのような境遇で人生を過ごしたせいか、他の世代にみられぬ味わい深い人生観社会観を持っている人が多いように思う。また、年輪の多い趣味を持つ人が多いように感ずるので、付き合って面白くない年代と思えないのである。
 世俗的流行に関心が少なくて、一人で心の自由を求める気ままな傾向がある、遊びに対しても負けず嫌いで、遊び人間としての軽さがないので面白くない。懐疑的で複眼的な見方をする、などの傾向があるが、物質欲が少なくて音〜外に物知りで面自く手応えがある。と身内の見方で弁護したいが、学術的に調査すればどうなるか興味がある。

| 昭和一桁世代 | 07:36 | comments(0) | - | pookmark |
昭和一桁世代 2
 現代的な遊びが下手であること、猛烈に働くことは認めるが、付き合って面白くない世代という説には納得出来ない気がする。
 昭和一桁世代は、今年、六十歳から七十歳の世代である。
 いよいよ現役から退き余生を楽しむ人生に入るのであるが、何十年か前に、おそらくはマスコミによって作られたイメージによって、故なき差別のもとで淋しい余生を送らせてはあまりにも気の毒というものである。
 この年代は好むと好まざるとに拘わらず猛烈に働かざるを得なかった世代であり、人一倍余生を楽しみたいと希求している世代かも知れないのである。
| 昭和一桁世代 | 08:37 | - | - | pookmark |
昭和一桁世代 1
 昭和四年のアメリカの大恐慌の時に、家の収入が激減したために進学をあきらめて働かねばならなくなった子供達に与えた影響を、その時十一から十二歳だった人々について三十年間にわたり調査したところ、社会的成功に差はなかったが、家庭観に他の世代と比べて際立った特異性があった。
 すなわち、男の子は妻との親密さよりも子供や家族に関心を向ける価値観を持っていること、女の子は専業主婦が多いことの特性があり、この動機は、子供の時に得られなかった平穏な家症の実現の願望によることが判明したことが、心理学の教科書に紹介されている。
 昭和一桁世代という言葉がある。野碁で遊ぶことが下手で、働くばかりで付き合って面白くない世代といわれているが、どの程度の学術的調査による裏付けがあるのだろうか。
| 昭和一桁世代 | 07:50 | comments(0) | - | pookmark |